×アートの魅力

SKIP
Scroll

瀬戸内の島々を、
キャンバスに。

日本の原風景が残る瀬戸内の島々に、
現代社会へのメッセージ性をもった
アートを置いたら、元気をなくしつつあった
地域が変わっていくのでは。

そうした想いを抱き、世界にも類のない島と
アートの共生が直島からはじまりました。

SKIP

その日、その時、
その場所で。

日本ではじめて国立公園に認定された
瀬戸内海の島々。

その豊かな自然を背景に表現された
いくつもの
アートや建築は、
時間や天気、季節の移ろいと
ともにまったく違った表情をみせてくれる。

訪れるたびに、新しい。あなただけの
お気に入りの瞬間を、みつけませんか。

SKIP

島のお年寄りたちが
現代アートの伝道師。

直島にアートがやってきて、およそ30年。
島の南からはじまった活動は、
町の中心へと広がり、島に根づいていきました。

島のお年寄りたちが、
若い旅行客たちに現代アートについて熱く語る。
そんな風景が、日常的にみられます。

SKIP

若い人たちが
笑顔になるのは、
人生の達人たちが
笑っているから。

島を訪れる人々とふれあうことで、
島で暮らす人々はどんどん元気になっている。

アートをきっかけに、島の歴史や文化を語り、
自分たちのことを語る。

いまが、いちばん楽しいから。

人生の達人であるお年寄りたちの笑顔は、
未来を担う若い人たちの元気のもとにもなっています。

SKIP

アートを通して
みえるものを
みつめてほしい

すばらしい作品があります。
みなさん、この良さがわかりますか?という従来のような展示ではなく、私たちがめざしたのは、きっかけをつくること。

アートが主役ではない。島やそこで暮らす人々が主役であり、アートは島の魅力を引き出すもの。

アートをみる。それだけじゃなく、
アートを通して、何がみえてくるのか。
自分自身の目で、心で、お楽しみください。

SKIP

直島から豊島、犬島へ。
島々を巡ることで、
島の個性がみえてくる。