宿泊する

GoToトラベルキャンペーンについて

ベネッセハウスについて

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館したベネッセハウス。
「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」の宿泊棟4棟と、
一般の方もご利用いただけるレストランやカフェ、スパ・ショップを併設しています。
建築はすべて安藤忠雄の設計によるもので、経年とともに瀬戸内海国立公園の環境と溶け込むように構成。
長いスロープや階段、通路による移動、切り取られた開口部から注ぎ込む外光など、
施設内外の現代アートを身体全体で感じられる工夫がなされています。

宿泊付き鑑賞ツアー

それぞれの作品をより楽しんでいただけるように。
考えるきっかけをつくり、考えを深める鑑賞体験へと誘うさまざまなツアーをご用意しています。

周辺の屋外作品

好きなとき、好きなだけ、作品と対峙できるように。
客室内から屋外まで、至るところに現代アートを設置しています。