ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

特別連載企画「アーカイブ・シリーズ」をスタートします

この度、1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録を紹介する特別連載企画「ベネッセアートサイト直島 アーカイブ・シリーズ」を2020年8月19日よりスタートします。

30年以上に渡って蓄積された記録からは、長期の活動に貫かれた想いや、作品や建築に込められた意図、作品や風景の変化など、ここにしかない時間の経過を垣間見ることができます。記事を読んでいただくことで、いつか訪れる来島や作品・施設の鑑賞の機会へ思いを馳せていただければ幸いです。

1990年頃の直島南側
1990年頃の直島南側

上の写真は1990年頃の直島の南側の風景です。現在見られる「ベネッセハウス」や「南瓜」はまだなく、写真中央の海岸部には「直島国際キャンプ場」の姿があります。

瀬戸内の島に世界中の子供たちが集える場を作りたいとの思いを抱いていた福武書店(当時)の創業社長福武哲彦と、直島に教育的な文化エリアを開発したいとの夢を描いていた当時の直島町長三宅親連の出会いから、ベネッセアートサイト直島の活動は始まりました。

最初の施設として1989年にオープンした「直島国際キャンプ場」は2005年にクローズしましたが、当時使用されていたモンゴル式テント(=パオ)は、「直島海の家 つつじ荘」に移設され、現在も宿泊することができます。

1990年頃の「直島国際キャンプ場」とパオ
(左)1990年頃の「直島国際キャンプ場」。この頃はまだアート作品の姿が見られません。
(右)「直島国際キャンプ場」のパオ。現在は「つつじ荘」に移設されています。

ブログ記事ー一覧

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム