ベネッセアートサイト直島 Benesse Art Site Naoshima

ナビゲーション

アーカイブ・シリーズ 第10回
安藤忠雄氏の設計による
「ベネッセハウス ミュージアム」

1980年代から活動するベネッセアートサイト直島の記録をブログで紹介する「アーカイブ・シリーズ」。第10回は、ベネッセハウス ミュージアム(1992年)を紹介します。

blog20201022_01.jpg
ベネッセハウス ミュージアム 撮影:山本糾

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄氏の設計によるものです。

blog20201022_02.jpg
福武書店社長(当時)の福武總一郎(左)と安藤忠雄氏(右)(提供:鹿島建設)

ベネッセハウスは、ベネッセホールディングス(当時 福武書店)が1988年から「人と文化を育てる」をテーマに直島で取り組んできた「直島文化村構想」のなかで建設され、開館しました。同構想の一環として1989年にオープンした「直島国際キャンプ場」を監修した安藤忠雄氏に設計を依頼し、施主、設計者、施工業者による度重なる議論とアイディアの出し合いを経て実現に至りました。

blog20201022_03.jpg
(左)ベネッセハウス ミュージアムのエントランス 撮影:市川かおり
(右)ベネッセハウス ミュージアム天井の丸い天窓 撮影:松岡満男
blog20201022_04.jpg
ベネッセハウス 地下1階のギャラリー(撮影当時) 撮影:山本糾

ベネッセハウスの周辺は瀬戸内海国立公園に指定されている自然が残るエリアでした。ベネッセハウスの建設にあたっては、美しい瀬戸内の風景を主役に、まわりの景観を活かしていくことが念頭に置かれました。安藤氏は土地を目にした際に「建築をすべて地中に埋め込みたい」と感じたといいます。

安藤氏は斜面地の傾斜を活かして建築の半分を地中に埋めることで、瀬戸内の景観を壊さず、建築の内側からは海への視界が開ける配置を実現しました。地下1階、地上3階の建築は、随所に設けられた大きな開口部や、各階を大胆につなぐスロープにより、瀬戸内の景観を内部に取り込み、多様な視覚体験を見る人に促します。

blog20201022_05.jpg
杉本博司"タイム・エクスポーズド" 撮影:安斎重男
blog20201022_06.jpg
リチャード・ロング"瀬戸内海の流木の円"/"瀬戸内海のエイヴォン川の泥の環" 撮影:山本糾

ベネッセハウスには、絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの収蔵作品の展示に加え、アーティストたちがこの場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。この手法は、強い個性をもった建築空間に作品が負けることなく成立するためにベネッセアートサイト直島がとった方針でもありました。アーティストたちは直島の自然はもちろん、建築に触発され、ここにしかない作品を制作しました。自然とアートと建築が融合し稀有な場をつくるという手法は、ベネッセハウスがなければ生み出されなかったといえるでしょう。

blog20201022_07.jpg
ベネッセハウス ミュージアムから瀬戸内海を望む 撮影:鈴木研一

ブログ記事ー一覧

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

2021.01.25

直島銭湯「I♥湯」に寄せられた感想ご紹介します。

実際に入浴することができる直島銭湯「I♥湯」。来島者の方はもちろん、島民の方々も利用されています。今回は、入浴されたみなさんにタブレットで記入いただいているアンケートから、直島銭湯「I♥湯」の感想の一部をご紹介します。記事を読む

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄
寄稿

2021.01.18

寄稿「あの空気を吸いに行く」鈴木芳雄

直島に初めて行ったときのことを思い出してみる。杉本博司さんの護王神社が完成して、そのお披露目と神社への奉納能「屋島」を見に行ったときだ。2002年。かれこれ20年か。記事を読む

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人
寄稿

2021.01.15

寄稿「bene(よく)+ esse(生きる)を考える場所」神藤 秀人

「"よく生きる"とは何かを考える場所」は、決して「一人称」でないだろう。島のため、島の人のため、島に来る人のために、必要な場所なのだ。はっきりとした目的があり、そこに向けて成長してきた「ベネッセアートサイト直島」は、世界中の全ての人に、生きることの素晴らしさを伝える活動である。そして、それは今の香川県の「らしさ」の根元でもあり、日本を代表する"デザイン"だと僕は思う。記事を読む

島の暮らしとともに

2021.01.13

島の暮らしとともに

今年90歳を迎える直島町民の田中春樹さんは、1990年代からベネッセアートサイト直島の活動に関わってくださっています。今回の記事では、約30年に渡るベネッセアートサイト直島でのエピソードについて田中さんに振り返っていただきました。記事を読む

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介
寄稿

2021.01.06

寄稿「感じるためのレッスン」島貫 泰介

じつを言えば、私が直島にやってきたのは今回が初めてなのだ。そう告白すると、アートに興味のあるほとんどの人は驚く。私もまさかこれまで一度も来る機会を持たず、初の来島がコロナ禍で揺れるこの2020年になるとは思ってもいなかったのだから同感だ。だがこのタイミングで来れたことは恩寵だったと思う。記事を読む

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

2020.12.24

ベネッセハウス お客様の声(2020年11月)

年の瀬も近づき直島は一段と寒さを増してきました。ベネッセハウスには、旅行客で賑わう春・夏ではなく、冬を選んでお越しくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。今月も2020年11月にご宿泊いただいたホテルゲストの方からの感想の一部をご紹介します。記事を読む

メッセージ
アクセス
アート
宿泊
お問い合わせ
プレス
教育プログラム